読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

aikoの失恋ソングとJUMPを結んでみる

好きだなって(勝手に)公言したので。

常々考えていたことも想いのままに書いてやるぜ。へっへっへ。

 

私が曲を好きになるのは割とメロディーからなんですが

そのあと繰り返し聞いて歌詞が入ってくると

aikoに関してはびっくりするぐらい悲しめの歌が多い。

 

そしてイメージなんだけどこの曲でこんな感じ浮かんでくるわーってのが出てきたので。

JUMPさんで失恋のうたが結びついてきたので。

なんかもう浮かんでしまうと忘れたくないので。自己満足で残します。

 

 

 

有岡さん『明日もいつも通りに』

この歌は「だけど一生想うだろう本当は大好きなの」というところに心をもっていかれる。

なんか私ばっかりすきだったんだろうなって思ったり

今でもこんなに思ってるなんで気にも留めてないんだろうなって思ったり

なんか失恋したいですね、有岡さんに。

一生想いたいです。

 

 

中島さん『Do you think about me?』

きっと一番初めに大切なことを間違えてしまったから上手く伝えられないんだけど、

新しい興味(女)を見つけた裕翔くんにどんどん置いていかれて

気持ちが疲れてしまいながら失恋するんだなって日に日に実感したいです。

「ねえ 何故しっかりつかまえとかないの」

これがやばい。

 

 

山田さん『こんぺいとう』

これはこの歌詞の主人公が山田さんっぽい。わたしの中で。

わざとメッセージを白いペンで書いて気づかないようにしてみたり。

(でも光に反射させて見つけてほしいと思っている。わー女子力!)

何よりも「悲しみから逃れる為に噛んだ 腕に赤いこんぺいとう」ってところが

噛みグセのある山田さんまんまだなって勝手に思っています。

テンポのいいメロディになんて歌詞なんだ!と衝撃的だった一曲。

噛んだ痕が赤いこんぺいとうって…内出血してますやん…

 

 

薮さん『二時頃』

aikoといえば二時頃みたいなそんなイメージがわたしの中であるんですが。

わたしの中での切ないの真骨頂かもしれない。

薮くんには浮気されたーって思ってるけど、実は自分がもともと2番手でしたー!みたいな、うまいことやられてしまいたいですね。

「本当は受話器の隣 深い寝息をたててる

 バニラのにおいがするtinyな女の子がいたなんて」

くぅー!!この曲の正しい意味を理解できた時、ぞっとしました。

 

 

知念さん『夢見る隙間』

わりと新しいこの歌、ライブで聞いてすごく好きになって聞き込みました。

最後かも、終わりかも、もう会えないんだ…って、でも勢いつけなきゃやってられない!って感じで失恋したいです。

うじうじしだすともう立ち直れなさそうだから、だから、だから…って自分を奮い立たせてるイメージ。

「もう逢いたよって言うための言葉をいつでも探してる」

 

 

伊野尾さん『そんな話』

伊野尾さんは学校の同級生で片思いしていて、歌詞でもある

「お前は何でも話せる友達だよ」って言われたい。

片思いなりに色々やってきたけど全然届いてなくって、伊野尾くんに彼女ができて失恋したい。

失恋して一人で「あの時ああ言ってたのって…?」て考えて落ち込みたい。

卒業後に偶然会って変わらないなって思って、当時の片思いを思い出したい。

この歌詞はほんと。一部ってより全文載せてしまいたいね。

 

 

八乙女さん『恋の涙』

失恋した私を幼馴染みの八乙女さんになぐさめてほしい。ってものありますが。

やっぱり八乙女さんに失恋したいってのも捨て難いソング。

でもここは幼馴染みに励ましていただきましょう。

「悔しい位に我慢をした」けども、八乙女くんの顔を見て涙腺崩壊したい。

泣いて髪も乱れてひどいことになって、泣きながら何度も名前を呼んでうわーんって

なっている隣にいてほしいです。失恋での落ち込みに立ち会ってもらいたい。

 

 

岡本さん『嘆きのキス』

岡本くんの優しさに泣きながら失恋したい。

これは好き同士で別れて失恋したい。もう二人ではどうしようもないことが原因で。

なんで好きなのに上手くいかないんだろうって泣きたい。

それでも想い続ける岡本くんの歌です。(違う)

「誰よりも想い続ける事が 僕の今を支える大きな糧」

「ここに残る 嘆きのキスを胸に 僕は生きる」

って歌詞がわたしの中での岡本くんイメージです。

 

 

 

高木さん

海のイメージが先行しすぎて、『海の終わり』や『シーソーの海』みたいな海にひっぱられた曲しか浮かばない。というか海って入ってる歌じゃん。

イメージ的には『シーソーの海』なんだけど失恋ソングではない…

まぁいいや。

夜に寝る前に二人で並んでごろごろ話していて、でももう遅い時間になってきて

ウトウトしてきて、まだまだ話はしたいけど…ってなりたいです。

おそらく眠いのはわたしだけで高木くんはこいつ寝るなって笑っててほしい。

「あなたの鼻先に留まる真夏の汗に恋をする」そんな近い距離にいたいです。

 

 

 

 

ああ楽しい。妄想が爆発した。

aikoの歌が名曲すぎて。

一曲ずつ思い出とか妄想とか書いていけるんじゃないかって思った。いつかやりたい。

きっとイケてるブログならurlつけて歌ネット引用して…とかするんでしょうね。

とにかくたのしかった。これback numberの歌でもやりたい。